図書館HOME

年齢別・読み聞かせ絵本

更新:2019.7.1

図書館にある絵本から、読み聞かせで子どもたちに人気のある“楽しい”作品を紹介します。
対象年齢は出版社や児童図書館等の情報を参考に当館で分類したものです。目安としてご利用下さい。

0歳からの絵本 2歳からの絵本 3歳からの絵本 3・4歳からの絵本 4・5歳からの絵本

新着作品はこちら

「年齢別 図書館のおすすめ読み聞かせ絵本」 (PDFファイル A4三折リーフレット)

 2018-2019年版       2017-2018年版 (518K)  2016-2017年版 (518K)

 2015-2016年版 (392K)  2014-2015年版 (441K)   2013-2014年版 (284K)

 2012-2013年版 (124K)   2011-2012年版 (269K)  2010-2011年版 (261K)

 2009-2010年版 (284K)   2008-2009年版 (824K)  2007-2008年版 (399K)

 2006-2007年版 (454K)   2005-2006年版 (439K)  2004-2005年版 (419K)

0歳からの絵本
だからこぶたちゃん
  • きたやまようこ作・絵 (偕成社, 1987年)  ISBN:4031290101
  • おとうさんはぶた。おかあさんもぶた。だから、ぼくはこぶたちゃん。どろんこになってもはだかになっても、おおきくなるまでこぶたちゃん。シンプルな繰り返しがおもしろい、こぶたちゃんの赤ちゃん絵本。
りんごりんごりんごりんごりんごりんご
  • 安西水丸著 (主婦の友社, 2006年)  ISBN:407250369X
  • ある日りんごが木からおちて、りんごりんごりんご りんごりんごりんご、と転がっていきます。ブランコにのって、穴から落ちて、着いた先には…?シンプルな絵とことばのリズムが楽しい。
おいしいおと
  • 三宮麻由子文/ふくしまあきえ絵 (福音館書店, 2008年)
  • いただきまーす。はるまき食べようカルカルカル。ほうれんそう食べようズックズックズック。ごはんはムッチムッチムッチ。食べものにはそれぞれおいしい音があるね。あぁおいしかった、ごちそうさまでした!
がたんごとんがたんごとんざぶんざぶん
  • 安西水丸作 (福音館書店, 2012年)  ISBN:9784834027136
  • がたんごとんがたんごとん、と黒い機関車が走ります。「のせてくださーい」と、アイスクリームや麦わら帽子たちが乗り込みます。ざぶんざぶんと波の音も聞こえます。「しゅうてんでーす」降りたところは…?
まり
  • 谷川俊太郎文/広瀬弦絵 (クレヨンハウス, 2003年) ISBN:4861010004
  • まりがひとつ、転がっていきます。ころん、ころころ、ぽとーん、ぱしっ!ひゅーん!…などなど、音とリズムが、黄色いまりの行方を追っていきます。次はどうなるのかな?まりの表情の変化もおもしろい。
だるまさんが
  • かがくいひろし作 (ブロンズ新社, 2008年) ISBN:9784893094315
  • だ・る・ま・さ・ん・が…「どてっ」。だ・る・ま・さ・ん・が…「ぷしゅーっ」。ページをめくるたびにだるまさんが、思いがけない動きをみせてくれます。いろいろな表情をしているのもおもしろい。
もうおきるかな?
  • まつのまさこ文/やぶうちまさゆき絵 (福音館書店, 1998年) ISBN:4834015351
  • ねこ、いぬ、りすなど、小さい子どもに親しみのある動物の親子たちが、仲よく寝ています。「もうおきるかな?」「あー、おきた!」のくり返しと、動物のさまざまなようすが楽しめます。
くっついた
  • 三浦太郎作・絵 (こぐま社, 2005年) ISBN:4772101780
  • きんぎょさんときんぎょさんがくっついた あひるさんとあひるさんがくっついた… ページをめくるごとに、動物たちがぴったり仲良く、くっつきます。
ママだいすき
  • まどみちお文/ましませつこ絵 (こぐま社, 2002年) ISBN:4772101624
  • 子どもを見つめるお母さんの優しいまなざしと、ママといっしょで幸せそうな赤ちゃん。動物の親子の幸せなひとときを、見守るように、いつくしむように添えられている短い言葉も印象的。
まてまてまて わらべうたえほん
  • こばやしえみこ案/ましませつこ絵 (こぐま社, 2005年) ISBN:4772101799
  • まてまてまて、まてまてまて、といろんな動物(実はぬいぐるみ)とおいかけっ こ。でもいちばん好きなのはお母さんにつかまえられること!
くだもの
  • 平山和子作 (福音館書店, 1981年) ISBN:4834008533
  • 細部までていねいに描かれた絵と、やさしいことばのくりかえし。甘い香りがただよってきそうなくだものたちに、思わず手をのばしたくなる絵本。
ぼく、サンタさん
  • 村上勉作 (あかね書房, 1996年) ISBN:4251004221
  • ねずみさん、ねこさん、わにさん、ぞうさん。どうぶつサンタたちが、「よいしょ よいしょ」といろんなものをもって登場します。さて、いったい何ができるのでしょう。
んぐまーま
  • 大竹伸朗絵/谷川俊太郎文 (クレヨンハウス, 2003年) ISBN:4861010098
  • ばーれ だーれ あまはんどら…。詩人谷川俊太郎の不思議なことばと画家大竹伸朗の不思議な絵が織りなす、赤ちゃんの感性で読みたい絵本。
ぎゅっ
  • ジェズ・オールバラ作・絵 (徳間書店, 2000年) ISBN:4198612757
  • お散歩の途中で動物の親子の「ぎゅっ(Hug)」を見たお猿のジョジョは、だんだんママが 恋しくなります。しょんぼりしているとママがやってきて…。お母さんを見つけたときの幸せそうな顔!
たんたんぼうや
  • かんざわとしこ文/やぎゅうげんいちろう絵 (福音館書店, 1998年) ISBN:4834015327
  • たんたんぼうやが、元気にたんたん歩いていくと、動物たちがついてきます。すると、歩いていく先にゾウがゴロンと寝ていました。たんたんぼうやと動物たちの愉快な散歩の絵本です。
しろくまちゃんのほっとけーき
  • わかやまけん[著] (こぐま社, 1972年) ISBN:4772100318
  • 「ぴちぴちぴち、ぷつぷつ…」とホットケーキが焼ける場面の、耳にこころよい擬音のリズムや響きが、幼い子にとっては大きな魅力になっています。
もこもこもこ
  • たにかわしゅんたろう作/もとながさだまさ絵 (文研出版, 1977年) ISBN:4580806166
  • 「しーん、もこもこ、にょきにょき」とふくれあがったものは、みるまに大きくなってパチンとはじけた。詩人と異色の画家による不思議でおかしな絵本の世界。
がたんごとんがたんごとん
  • 安西水丸作 (福音館書店, 1987年) ISBN:4834002721
  • 走る汽車にのせてもらうのは、コップとスプーン、ほにゅうびん、りんごとバナナ。それからねずみやねこまでのりこみます。どれもあかちゃんになじみのものばかりです。

このぺージのトップへ

2歳からの絵本
ばけばけばけばけばけたくん
  • 岩田明子文・絵 (大日本図書, 2009年) ISBN:9784477019888
  • ばけたくんは、くいしんぼうなおばけのこ。つまみぐいをしてあらら、食べたものに化けてしまいました!ペロペロキャンディー、いちご、きのこ…次々化けて楽しそうなばけたくん。次は何に化けるのかな?
ねこガム
  • きむらよしお作 (福音館書店, 2009年) ISBN:9784834024227
  • 男の子がクチャクチャ、ガムをかんでいます。プーと大きくふくらませて、じょうずに風船もつくっています。ところが風船にだんだん顔ができて…!?くすっと笑っちゃうユーモア絵本。
くだものだもの
  • 石津ちひろ文/山村浩二絵 (福音館書店, 2006年) ISBN:9784834022063
  • 「かいすいよくにはいかないスイカ」「キウイうきうきうきわでおよぐ」…韻をふんだような楽しい文章と、本物みたいだけどコミカルなくだものたちの絵。おとなも思わず、くすっと笑ってしまいます。
おやおや、おやさい
  • 石津ちひろ文/山村浩二絵 (福音館書店, 2010年) ISBN:9784834025552
  • 「きゅうりはきゅうにとまれない」「かぼちゃのぼっちゃんかわにぼちゃん」…大人気の「くだものだもの」続編は、野菜たちのマラソン大会!いろんな野菜が走りますよ。さて、優勝したのはだれでしょう?
うんちっち
  • ステファニー・ブレイク作・絵/ふしみみさを訳 (PHP研究所, 2005年) ISBN:4569685285
  • うさぎのこがたったひとつしかいえないことば、それは…「うんちっち」!!なんでもかんでも答えは「うんちっち」。子どもと一緒によめば、楽しさ倍増です。最後のひとことまでも、衝撃的なおもしろさ。
やさいのおなか
  • きうちかつ作・絵 (福音館書店, 1997年) ISBN:483401438X
  • 切り絵のような白黒の断面図と一緒に、「これなあに」という質問が続きます。答えは次のページのイラストで。ネギ、レンコン、ピーマン、タケノコ… いくつの「やさいのおなか」がわかりますか?
もけらもけら
  • 山下洋輔文/元永定正絵 (福音館書店, 1990年) ISBN:4834004023
  • もけらもけら、しゃばたしゃばた、えぺぺてぺぺ…と、ふしぎなことばとふしぎな絵が一緒になってつくりだされる感性の世界。小さな子どもはこうしたことばのひびきが大好きです。
おうちのともだち
  • 柳原良平著 (こぐま社, 2006年) ISBN:4772101802
  • 身のまわりのものに興味をもちはじめたら、こんな楽しいイメージでおうちの道具とお友だちになりましょう。コップちゃん、はぶらしくんおはよう…と、毎日をうきうきした気分で過ごせそう!
にげにげにゃんこ
  • ひがしくんぺい著 (実業之日本社, 1972年)
  • にげにげにゃんこは,弱い子いじめるいじめっこ。ぶるのおじさんが味方なので,おしおきも怖くありません。でもさすがのおじさんも,にわとりままにはかないませんでした。
おんなじおんなじ
  • 多田ヒロシ著 (こぐま社, 1968年) ISBN:4772100091
  • ぶうとぴょんは、靴もおんなじ、帽子もおんなじ、みんなおんなじ。同じであることの嬉しさ、そして違うことの発見!
わにわにのおふろ
  • 小風さち文/山口マオ絵 (福音館書店, 2004年) ISBN:4834019705
  • ワニワニはおふろが大好き。おもちゃをうかべて「ぽくん ぽくんぷくん」、あぶくをとばして「ぷー ぷー ららら」、歌も歌います。「うりうりうりうり オーイェー」。リアルなワニがユーモラス。
どんどこももんちゃん 
  • とよたかずひこ作・絵 (童心社, 2001年) ISBN:4494001368
  • ももんちゃんシリーズ第1作。「どんどこどんどこ」なぜか急いでいるももんちゃん。途中でくまさんにとおせんぼされても、 「どちっ」と転んでもめげずに急ぐ、そのわけは…?
クリスマスはドキドキ
  • きむらゆういち作/ふゆのいちこ絵 (教育画劇,1997年) ISBN:4774604003
  • サンタさんていい子にだけプレゼントをくれるんだって。こぐまのくーとまーはとっても心配。クリスマスの朝、友達に次々プレゼントが届きますが…。プレゼントの箱を開けるしかけが楽しい絵本。
ぼくのやぎさん
  • もろはらじろう作・絵 (鈴木出版, 1989年) ISBN:4790260070
  • ぼくのやぎさんは、ぼくが描いたやぎさん。ぼくが草を描いてあげたら、ぼくの描いた草を食べはじめて・・・。 絵本を閉じたら"お絵描き"したくなる絵本。
でんしゃにのって
  • とよたかずひこ著 (アリス館, 1997年) ISBN:4752000830
  • 「次は、わにだ〜、わにだ〜」車内にアナウンスが流れて、うららちゃんののった電車にぞろぞろとのりこんできたのは・・・!

にんじんさんがあかいわけ

  • 松谷みよ子文/ひらやまえいぞう絵 (童心社, 1989年) ISBN:4494001112
  • 幼児にふさわしい昔話に、美しい絵をそえた昔話絵本。にんじんさんと、ごぼうさんと、だいこんさんが、いっしょにおふろに入ったら…。
たまごのあかちゃん
  • かんざわとしこ文/やぎゅうげんいちろう絵 (福音館書店, 1993年) ISBN:4834011925
  • 「たまごのなかでかくれんぼしている あかちゃんはだあれ?でておいでよ」と呼びかけると、卵の中から次々と赤ちゃんが出てきます。リズミカルな文と、ユーモラスな絵が楽しめます。

このぺージのトップへ

3歳からの絵本
ノラネコぐんだんパンこうじょう
  • 工藤ノリコ著 (白泉社, 2012年) ISBN:9784592761570
  • 大人気のノラネコぐんだんシリーズ。今日もノラネコたちは悪だくみ。夜中に忍び込んだ工場で、こっそりパンを作りますが…。悪いのに憎めないノラネコたち、正座して叱られる姿がまたかわいい。
おおかみだあ!
  • セドリック・ラマディエ文/ヴァンサン・ブルジョ絵/谷川俊太郎訳 (ポプラ社, 2014年) ISBN:9784591139097
  • 遠くのほうにいたおおかみが、だんだん、だんだん、近づいてきます。読み手は本を傾けたり、さかさまにして振ったりしておおかみ を追い払おうとしますが…?!近づくおおかみに、みんなどきどき。
がまんのケーキ
  • かがくいひろし作・絵 (教育画劇, 2009年) ISBN:9784774611358
  • おいしそうなケーキをけろこさんと一緒に食べようと、こいたろうとかめぞうはケーキを前にじっとがまん。でもとうとう誘惑に負けてしまいそうになったそのとき、2人の目にとまったのは…?
クリスマスおめでとう
  • ひぐちみちこ作 (こぐま社, 1997年) ISBN:4772101438
  • 小さな子にもクリスマスの意味を伝えたい…そんなときにぴったりな絵本です。貼り絵のかわいらしい登場人物たちが、クリスマスのよろこびを祝います。「イエスさまのおたんじょうおめでとう!」
どれがぼくかわかる?
  • カーラ・カスキン文・絵/よだしずか訳 (偕成社, 1970年) ISBN:4032020809
  • もしもぼくが馬や、スカンクや、ひつじになっても、おかあさんは「どれがぼくかわかる?」「もちろんよ」とおかあさんは答えます。ウィリアムとおかあさんの心のつながりが感じられる、温かな絵本。
ふってきました
  • もとしたいづみ文/石井聖岳絵 (講談社, 2007年) ISBN:9784061323407
  • つるこちゃんがおはなをつんでいると、空からわにがどずずん!とふってきました。するとぞう、ライオン、しまうま、パンダと、動物たちがつぎつぎにふってきます。最後にふってきたのは?
パンをたべるのはだれですか?
  • ジャニナ・ドマンスカ作/岩田みみ訳 (ほるぷ出版, 1979年) ISBN:4593501180
  • 見つけたこむぎを、めんどりコッコはせっせとたねまき。でも誰も手伝ってくれません。できたこむぎでパンをつくると、みんな食べたそうにしています。けれど最後にパンを食べるのは…?
おふろごっこ
  • きむらゆういち作/長野ヒデ子絵 (佼成出版社, 2006年) ISBN:4333022045
  • なかなかお風呂に入らないゆまくん。するとパパが誘います。「ぶくぶくザーザじまへ探検に行こう!」おもしろいことがいっぱいありそうですよ。パパが一緒だとお風呂もこんなに楽しくなります。
ぼくはあるいたまっすぐまっすぐ
  • マーガレット・ワイズ・ブラウン作/坪井郁美文/林明子絵 (ペンギン社, 1984年) ISBN:4892740365
  • おばあちゃんのおうちに独りで行くことになった「ぼく」。言われたとおりまっすぐ歩いていくのですが、だんだん道を外れて小川を渡り、丘を越え…。「まっすぐ」の冒険に思わず引き込まれます。
サラダでげんき
  • 角野栄子作/長新太絵 (福音館書店, 2005年) ISBN:4834020819
  • りっちゃんが病気のお母さんのために、サラダを作っていると、いろいろな動物たちがアドバイスにやって 来ます。おいしく出来たサラダで、みんな元気になりました!
しゃっくりがいこつ
  • マージェリー・カイラー作/S・D・シンドラー絵 (セーラー出版, 2004年) ISBN:4883301508
  • ヒック ヒック ヒック…ある日がいこつがめざめると、しゃっくりが出ていました。息をとめても、友だちのオバケがおどかしても、止まりません。そのときオバケはいいアイデアを思いつきます。
くまたんのうれしいうれしいクリスマス
  • 長野博一文・絵 (小峰書店, 1988年) ISBN:4338073055
  • 今夜はうれしいクリスマス。くまたんは真っ白なこぐまに誘われてサンタさんのおうちへ。真っ白なおうちは中も真っ白。くまたんはそのうち眠くなって…。ふんわりやさしい色合いの絵本。
よるくま
  • 酒井駒子作・絵 (偕成社, 1999年) ISBN:4033312307
  • ある夜、よるくまという名前のくまのこがやってきました。いなくなったおかあさんを探しに、ぼくはよるくまと一緒に出かけます・・・。おやすみ前に読みたい絵本。
せんたくかあちゃん
  • さとうわきこ作・絵 (福音館書店, 1982年) ISBN:4834008975
  • “せんたくの、だいのだいのだいすきな”たくましいかあちゃんと、ユーモラスなかみなりとの間に繰り広げられる、けたはずれに楽しくて元気のいい物語です。
ピッツァぼうや
  • ウィリアム・スタイグ作 (セーラー出版, 2000年) ISBN:4883301362
  • 雨がふって、あそびにいけないピートはご機嫌ななめ。そんなピートをみて、おとうさんはあるアイディアを思いつきます。「ピートでピッツァを作ったら楽しくなるかもしれないぞ」
さつまのおいも
  • 中川ひろたか文/村上康成絵 (童心社, 1995年) ISBN:4494005630
  • ユーモラスで季節感たっぷりに描く楽しい絵本。人間に食べられてばかりのおいもにだって、少しは考えもある。土の中で体をきたえ、さあ逆襲だ。
ぼちぼちいこか
  • マイク・セイラー作/ロバート・グロスマン絵 (偕成社, 1980年) ISBN:403201230X
  • 重量級のカバ君は、船乗り、飛行士、ピアニストと次々と新しい仕事に挑戦します。おかしな結末をユーモラスな絵で語ります。

このぺージのトップへ

3・4歳からの絵本
ピヨピヨもりのゆうえんち
  • 工藤ノリコ著 (佼成出版社, 2009年) ISBN:9784333024025
  • ピヨピヨ5兄弟はおとうさんとおかあさんに連れられて、森のゆうえんちにやってきました。ボートや気球で遊んだあとは、おかあさんの手作りお弁当でお昼ごはん!いっぱい遊んで楽しかった、また来ようね。
いもいもほりほり
  • 西村敏雄著 (講談社, 2011年) ISBN:9784061324794
  • いもいもほりほり いもほりほり ぶたのきょうだいがいもほりにでかけます。ねずみくんも参加して、みんなでやぎじいさんのいもばたけでお手伝い。たくさんほれたらやっぱり最後は焼きいも!秋の読み聞かせにも。
もりのおくのおちゃかいへ
  • みやこしあきこ著 (偕成社, 2010年) ISBN:9784033319100
  • キッコちゃんはおとうさんが忘れたケーキをもってあとを追いかけました。が、おとうさんだと思っていたのは、なんとくま!ついた家では動物のおちゃかいがひらかれていて…。日常の中のファンタジーに引き込まれます。
とりかえっこをしたトーベルとヤーゲル
  • 西川おさむ作・絵 (フレーベル館, 1977年)
  • パイロットのトーベルと、パンやのヤーゲルは、おたがいの仕事がうらやましくてしかたがない。そこでとうとう仕事をとりかえっこした二人。始めてみたけれど、やっぱりもとの仕事が恋しくて…。
よかったねネッドくん
  • レミー・チャーリップ作 (偕成社, 1997年) ISBN:4032014302
  • パーティーにでかけたネッドくん。でもたいへん!飛行機が爆発したり、サメに追われたり…。そのたびに奇想天外な方法できりぬけるネッドくんの大活躍に、大人も子どもも爆笑まちがいなし!
おりょうりとうさん
  • さとうわきこ作・絵 (フレーベル館, 1976年) ISBN:4577003155
  • お休みの日にカレーライスを作るとうさん。ところが,おなべやじゃがいもたちは「とうさんじゃいやだいやだ。」といって逃げてしまいます。ようやくつかまえてできた料理,おいしいかな?
さるのせんせいとへびのかんごふさん
  • 穂高順也文/荒井良二絵 (ビリケン出版, 1999年) ISBN:4939029050
  • どうぶつむらのへびのかんごふさんはとても働き者。いろいろなクスリを作ったり、注射器になったり、胃カメラになることもできるんです。さるのせんせいと一緒の活躍ぶりに、思わず大笑い。
みんなでつくったクリスマス・ツリー
  • キャロライン・ベイリー作/河本祥子絵 (福音館書店, 1985年) ISBN:4834020266
  • 足をいためてクリスマス・ツリーを立てることができないうさぎさん。それを知ったからすの呼びかけで、森じゅうの動物たちがうさぎさんのツリーを立てるために集まってきました。
おじさんのかさ
  • 佐野洋子作 (講談社, 1992年) ISBN:4061318802
  • どうしておじさんは雨が降っているのに傘をささないの?それは大切な傘が濡れてしまうからなんです。けれど「あめがふったらポンポロロン・・・」という歌につられ、とうとう傘をさしてみました。
おおさむこさむ
  • こいでやすこ作 (福音館書店, 2001年) ISBN:4834021459
  • きっこたちはゆきだるまと一緒に、楽しくそりあそびをしました。ところがその正体は、何でも凍らせてしまう、恐ろしいゆきぼうずだったのです…!きっこたちのピンチにハラハラドキドキ。
もりのなか
  • マリー・ホール・エッツ作 (福音館書店, 1963年) ISBN:4834000168
  • ぼくは、かみのぼうしをかぶり、あたらしいらっぱをもって、もりへでかけました。ライオン、ぞう、くま…行く先々で出会う動物たちがさんぽに加わっていきます。
きこえるきこえる
  • マーガレット・ワイズ・ブラウン作/レナード・ワイズガード絵 (小峰書店, 1998年) ISBN:4338126051
  • 目にほうたいをまかれたこいぬのマフィン。何も見えなくなってしまいました。でも、マフィンには音が聞こえます。キュッキュッキュッ・・・。いったいなんの音でしょう?
そらとぶテーブル 
  • 佐々木マキ作 (福音館書店, 2002年) ISBN:4834018806
  • きのこちゃんと犬のイワンが見つけたのは行きたい場所に連れていってくれる魔法のテーブルでした。みんなの行きたいところは、南極、鉄橋の上、クジラの海・・・。わくわくする冒険絵本。
トリフのクリスマス
  • アンナ・カリー作/松波史子訳 (くもん出版, 2001年) ISBN:4774304867
  • クリスマスプレゼントは何にしよう。ねずみのトリフはフラフープをお願いしましたが、ぼろぼろの毛布で眠る弟たちのために、願いを毛布に変えてもらおうと、サンタを探しに出かけます。夜の森にはえものを狙うキツネたち。心やさしいトリフの願いは…。
わゴムはどのくらいのびるかしら?
  • マイク・サーラー文 (ほるぷ出版, 2000年) ISBN:4593504023
  • ある日、ぼうやは輪ゴムがどれくらい伸びるか試してみることにしました。部屋から外へ、バスで、汽車で、飛行機で、輪ゴムはどんどん、どんどん、どんどん伸びて・・・。
めっきらもっきらどおんどん
  • 長谷川摂子作/降矢なな画 (福音館書店, 1990年) ISBN:4834010171
  • 遊ぶ友だちがみつからないかんたは、お宮でへんてこなおばけたちと出会って愉快に遊びますが……。躍動することばと絵が、子どもたちを存分に楽しませてくれるファンタジーの絵本。
ともだちや
  • 内田麟太郎作/降矢なな絵 (偕成社, 1998年) ISBN:4032048908
  • ある日、キツネは<ともだちや>を始めることを思いつきました。1時間100円でともだちになってあげるのですが、さて…。

このぺージのトップへ

4・5歳からの絵本
まわるおすし
  • 長谷川義史作 (ブロンズ新社, 2012年)  ISBN:9784893095350
  • お父さんの給料日は、月に一度の回るお寿司の日。青いお皿から黒いお皿、ちょっと休んでげたのお皿、そしてフィニッシュへ…!お父さ んの的確なサインと、一致団結した家族のお寿司への情熱が楽しい。
うえきばちです
  • 川端誠作 (BL出版, 2007年)  ISBN:9784776402503
  • うえきばちがあったので、のっぺらぼうをうえました…するとめがでて、はがでて、はながさいて…!?ページをめくるごとに衝撃の展開が。だじゃれがおもしろい年齢の子どもに。
でんせつのきょだいあんまんをはこべ
  • サトシン作/よしながこうたく絵 (講談社, 2011年)  ISBN:9784061324817
  • ある日空から落ちてきた、なぞの白い物体。それは伝説の巨大あんまん!アリたちはあんまんを運ぶためのチームを結成し、一致団結して働いた!男らしくて濃いアリたちの、熱くておもしろい絵本です。
ホットケーキできあがり!
  • エリック・カール作/アーサー・ビナード訳 (偕成社, 2009年)  ISBN:9784033481807
  • 「ホットケーキがたべたいなぁ」そう思ったジャックは、小麦を刈って粉にして、卵と牛乳をとってバターを作り…と、たくさん働きます。おかげでおいしいホットケーキできあがり!食育の絵本としても。
まよなかのだいどころ
  • モーリス・センダック作/じんぐうてるお訳 (冨山房, 1982年)  ISBN:457200269X
  • 寝ていたミッキーが目を覚ますと、そこはまよなかのだいどころ。パンやさんが朝のケーキを焼いています…。ミッキーの不思議な夜の冒険。ファンタジーの世界に生きる子どもが描かれています。
しずかに!ここはどうぶつのとしょかんです
  • ドン・フリーマン作/なかがわちひろ訳 (BL出版, 2008年)  ISBN:9784776402862
  • カリーナが図書館で思いついたのは「どうぶつだけがとしょかんにはいれるひ」。そこではたくさんの動物たちがめいめいすきな本をよむことができるのです。カリーナのすてきな想像力を楽しんで。
うみキリン
  • あきやまただし作・絵 (金の星社, 1996年)  ISBN:432302410X
  • うみキリンを知っていますか?うみに住んでいる、キリンのこと。深いうみから顔だけ出して、さかなやわたり鳥たちと仲良くくらしています。誰も見たことのない、ふしぎなうみキリンのおはなし。
ねえ、どれがいい?
  • ジョン・バーニンガム作/まつかわまゆみ訳 (評論社, 1983年)  ISBN:4566002500
  • いろいろな選択肢から、「どれがいいか」を選ぶ絵本。楽しい質問から、ぎょっとするような質問まで、子どもたちは想像力を働かせて答えてくれます。おとなもついつい、真剣に迷ってしまいますよ。
サンタさんからおへんじついた!?
  • 若林ひとみ作/南家こうじ絵 (ポプラ社, 1992年)  ISBN:459103949X
  • 「トナカイはどうして空をとべるの?」「どうして世界中の道がわかるの?」「えんとつのない家はどこから入るの?」。世界中の子どもたちからの質問に、サンタ村新聞局の記者が答えます。
ねぎぼうずのあさたろう
  • 飯野和好作 (福音館書店, 1999年)  ISBN:483401634X
  • ユニークな語り口とキャラクターに、時代劇を知らない子どもも大喜びの絵本。シリーズでお話が続いています。同じ作者による「くろずみ小太郎旅日記」シリーズも人気。
1(いち)と7(しち)
  • 二宮由紀子作/高畠純絵 (ひかりのくに, 2004年) ISBN:4564018094
  • 1と7がけんかをします。名前も形も似ているので、お互いに"まねしんぼ"よばわり。すると他の数字たちが、それぞれによいところがあると教えます。かずに興味を示す頃から。
となかいはなぜサンタのそりをひく?
  • モー・プライス文/松野正子訳 (岩波書店, 1994年) ISBN:4001106213
  • 昔々サンタはプレゼントを自分で届けていましたが、年をとってそりを使うことに。ところが、誰がそりをひくかで大騒ぎ。ゾウ、ワニ、カンガルーと失敗ばかりでしたが、クリスマス前日にトナカイが訪ねてきて…。
どろぼうがっこう
  • 加古里子絵・文 (偕成社, 1973年) ISBN:4032060401
  • 世にもおかしなどろぼう学校の話。まぬけな先生と生徒たちが、真夜中の「遠足」で泥棒に入ったのは、なんと刑務所! 最後に、泥棒は悪い事だという"オチ"もちゃんとあります。
つきよのくじら
  • 戸田和代作/沢田としき絵 (鈴木出版, 1999年) ISBN:4790250520
  • くじらのぼうやは、島のように大きくて、お月さまに届くほど天高く潮を吹ける父さんくじらを探す旅に出ます。くじらのぼうやの成長の物語。
つんつくせんせいとふしぎなりんご
  • たかどのほうこ作・絵 (フレーベル館, 2002年) ISBN:4577024667
  • つんつくつるこ先生は天衣無縫で正直で、次々と騒動を起こします。りすの夫婦がたくわえていたどんぐりを、こともあろうかつんつく先生が一人占めをたくらんだことから起こる大騒動のストーリー。
ペレのあたらしいふく
  • エルサ・ベスコフ作・絵/おのでらゆりこ訳  (福音館書店, 1976年) ISBN:4834004627
  • 男の子が羊や近所の人たちの協力で、青い服を手に入れるまでの楽しいお話。男の子のお返しの労働が、美しい自然を背景に生き生きと描かれて胸をうちます。
おじいさんならできる
  • フィ−ビ・ギルマン作・絵/芦田ルリ訳 (福音館書店, 1998年) ISBN:4834015270
  • ヨゼフが赤ちゃんの時、おじいさんがブランケットをぬってくれました。そのブランケットは古くなりましたが、おじいさんの手によって次々と新しい使い物に変身していきます。
このぺージのトップへ

図書館HOME